寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
付き合って一週間で彼女の家に転がり込んで3ヶ月。
おかしいなぁ~とは前々から思っていたんだけど俺が帰らない日を物凄く確実に確認する子だったんです。

「今日は?」
「今日は何時ごろかな?」

とか。

駅から歩いて15分と田舎なので、駅着いたときに「駅ついたよ、なんか買っていく?」みたいなメールを毎日してたんですよね。

年が明けて一月も中盤に差し掛かる頃に会社の新年会があって「今日は帰らないよ」とメールしといたんです。
でも酒飲んで、エロ話を同僚とわいわい話してたらなんだか急にムラムラしちゃって、寝込みでもいいから襲ってみたい!パジャマな彼女を無理矢理気味であーだこーだしたい!と勃起しちゃって、二次会途中で抜け出してすぐさま帰宅。


駅着いてメールする余裕も無く欲情してて玄関をガチャっとあけたら男物の靴とコートと手袋。
一瞬彼女のお兄さんかな?と思ったんですが、(お兄さんは月に一回くらい様子見で奥さんと一緒に飲みに来る)
ワンルームのリビングを見ると・・・。

騎乗位で、それも中出し中。
うあぁ!とか言ってる男と出して!中に頂戴!とか言ってる彼女。
俺、茫然自失。

前々から怪しいと思っていた男でそれも結婚してる。
いつもメールしてきて俺が何でメールしてるの?と聞くと「友達、奥さん居るし、何も無いからメール出来るんだよ、心配しすぎだよ~」と言っていた奴。

さらに、誕生日とか以外にもケーキとか買って俺が居ないのを見計らってか家で二人でケーキ食べてたり、メールも「今日は空いてる?」とか「会えないの?」「彼氏と居るから今日は会えないね」とかそんな事ばっかりだった。

もうひとつおかしいなと思って居たのは彼女がピル飲んでたこと。
彼女はセーフセックスだと主張、俺は中だしされたいからでしょ?という意見対立で何回か喧嘩してた。
俺が何回もコンドームするからと言ってもダメだった。
確かに俺も中だしして気持ちよかったのは確かですよ、でもなんか腑に落ちない。
俺の為にと彼女は言っていたが、この男のためでもあったわけだ。

話を戻しますね。
茫然自失とは本当の事で、声を出そうにもあうあう言うだけだし声が出てこない。
さらに、立っている足が前にも後ろにもいかなくて、まるで棒の様な物に変身してしまったんじゃないか?という錯覚さえ覚える。
目の前の二人で選んだダブルベッドの上で騎乗位で腰を抱えられたまま細い身体に突き刺されている彼女とむっちりとしたメタボな身体を横たえて下から腰だけ微妙に浮かせた状態で固まってる男。
三人とも何も言えない。
固まってる。

一番最初に口を開いたのは男。
彼女を脇にどかすと、彼女は素早くバスタオルで身体を隠し男も下半身を隠す。
だけど・・・ほんの一秒にも満たない時間に見えた二人の股間はてろてろに光ってて、男が彼女に大量に出したのさえ別ってしまう。
彼女の陰毛は撫で付けられた様にびちょびちょだった。

「あ~、これは・・・これは違うんだ」

続いて彼女。

「ね、ね、聞いて。これは違うの!違うの!」

ふと我に返る。
理由は俺の足を噛んでる奴が居る。
彼女のペットのウサギだ。
こいつは可愛くて、俺にもやっとなついたんだけど靴下と素足の境目が好きでそこばかり狙って噛んでくる。
うさぎの牙はかなり痛い。
本気でやられると二つの穴が開くほど痛い。
そのペットがガリガリと俺の脛を噛んでいる。

「な・・なにが?なにが違うの?」

涙なんて流すつもりは無かった。
浮気しているんだったら俺の知らないところで上手くやってくれて、俺の前では判らないように墓場まで持って行ってくれればそれで俺は良かった。
俺の前では可愛い、ちいさい彼女で居て欲しかったが目の前の半裸体の二人と、それに終わったばかりの行為を見せ付けられて俺の涙はぼたぼたと床に落ちていった。
でもそれがスローモーションの様にゆっくりとなんですよ。
ウサギがそれを鼻につけてびっくりして飛び跳ねる。

叫びたかったが、なんかぼんやりと走馬灯というのか楽しい思い出が頭の中をぐるぐる回る。
というか冷静に部屋を360度見渡すという感じ。
一緒に選んだベッド。
安いけど二人で頭乗せて納得して買った枕。
俺が寝る時間が遅い時に片側だけ明るくする為に買ってきた読書灯。
柄で揉めたベッドシーツ。
最近使いすぎだねと笑いあって買ったティッシュケース。
腰をいたわる為に買った一番高い低反発のベッドマット。
おそろいで買ったコーヒーカップには俺のじゃないコーヒーが半分入ってる。
二つ並んだ写真立て、一つはウサギ、一つは彼女と俺・・・。
二人で溜めて買った液晶TVとブルーレイレコーダ、買ったばかりのDVDがテーブルに転がってる。
きっと二人で見たんだろう。
ケーキ屋の包み紙と半欠けのチーズケーキ。
彼女嫌いなのに食べたんだ・・・。

俺のバスタオルは男がまいてる。
脱ぎ散らかされた彼女の下着と男の洋服。
下着は股間の部分が濡れて変色していた。
ブラジャーはベッドボードに引っ掛かってた。
彼女が立ち上がる。
その後のベッドシーツには黒っぽいシミが出来ていた。

「ねぇ?怒らないで!お願い!聞いて!」

なんか叫んでる。
でも正確にはきっと聞いてない。
こんなにも俺は冷静で居られるのか?と自分でも不思議なくらいだったんだ。
でも思ったのはこの部屋をC4爆薬で二人もろとも吹き飛ばしたい位だった。

机にはお揃いのソフトバンクの携帯。
機種と色も同じだ。
ドコモの俺に使えない、高い、デザイン悪い、と散々いちゃもんつけた彼女は結局その男と同じものを使っていた。
さらにストラップもお揃い。

「あのさ、なにやってんだよお前等!」と言ったのがきっと彼女がいままで聞いた事のない俺の声だったはず。

ビクン!と肩を震わせた。
俺は暴力振るう人じゃないし、平和主義というか話し合いしようよ!というタイプだし、揉めても自分が折れればこの場は万事上手く行くと思えば謝るようなタイプ。
彼女の前では本気で怒った事ないし、自分でもキレたら自分がどうなってしまうのかなんて知らないで生きてきた。

男が

「あのさ、冷静になろうよ。色々訳がありそうだし」

何故そんなに二人ともビクビクしてるのかと思ったら1Kの部屋だから、俺の手の届くところに包丁があるんですよ。
俺は玄関あけてキッチンと言える代物じゃないけどそこを通り過ぎる前に足を止めて、リビングが見渡せる位置に居るから。
男は俺より年上そうだった。

ごめん。
スペック言ってなかったね。

俺:25歳
彼女:26歳
男:30オーバー

付き合って3ヶ月とまだまだ青いっす。
彼女は安めぐみと佐藤藍子を足した??感じ。
背は150後半と小さい。

でも不思議と出てきた言葉は物凄く冷たかった。
それは自分でも未だに不思議。

「続きやれば?」

彼女が突然すすり泣き始めた。

「だから・・・だからダメだって言ったのに」

まるで男のせいにしてるような言い草。

「そのさ、大人の話し合いをしようよ」

金で解決するつもりなのか?と思ったが

「この場はさ、一旦帰るから、また後日ちゃんと話し合おうよ」

逃げるつもりなのがわかった。

「どうぞ、どうぞ!続きしてくださいよ、こいつ何回もいける女ですよ!」

「ちょっと!彼氏君!落ち着いて話そうよ」

すすり泣く声が大きくなる。

「第二関節くらいでヘソ側に指まげてやるとこいつすぐいきますよ、それに、潮吹いて腰振りますから、どうでした?見つけましたそこ?」

「そんな事今言わなくてもいいよ、ちょっと着替えるから待ってて」

「聞きたいんですけど、名前と住所と携帯番号教えてもらえます?」

「そ、それはまずいよ、僕には奥さんがいるし・・・」

「ふ~ん・・・」

彼女が立ち上がる。
ムカつくのは精液が太腿を濡らしている事だ。

「もう、帰って、二人とも帰って!」

「まぁ、着替えなよ、俺待ってるから」

男が俺に釣られて

「そうだよ、彼氏君がそう言ってるんだから着替えようよ」

なんというやつ!

面白半分に俺は包丁を握ってみた。
二人の動きが即座に止まる。

男「彼氏君!はやまっちゃダメだよ!話ししないと解決しないよ」

彼女「ちょ・・・なに?なにするつもりなの、放して!」

テーブルに置いてある携帯電話を二つともひったくるようにポケットに入れた。

男「仕事の打ち合わせに使うんだ!返してくれないか?」

彼女「いあやぁ!だめ!絶対だめ!返して!」

ウサギを抱えて自分のバッグにいれようとしたが藻掻いて入らないので残念だけど諦めてしまった。

俺は包丁をナイフ入れに入れると踵を返し無言で玄関を出た。
そして彼女の自転車をドアノブにかけて開かない様にワイヤーロックで巻いてやった。
自分でもびっくりするほど開かない。
開けようとするとハンドルがドアノブに当たって開かない、その前にノブ(レバータイプ)が回そうとしてもハンドルの先端に邪魔されて回らない様になっていた。
タイヤが通路側溝に引っ掛かってドア側から押してもタイヤが踏ん張って開かない。
そしてタイヤ側のロックをして鍵を裏の駐車場に投げ飛ばしてやった。

まだ着替えてるのかドアをどんどんと叩く音は聞こえない。
中で「あぁ~あぁ」という様なため息と悲鳴に似た叫び。
携帯二つどうしようかなぁと悩んでいたんだけど、近くのスタバまで歩いてゆっくりコーヒーを飲んだ。
実際味なんてどうでもよかった。
味覚なんて無いに等しい。
苦いものが飲みたかった。

男の名前は判らなかったが着信先に電話して「この携帯拾ったんですけど・・・」とういうと簡単に名前を教えてくれた。
◯◯修という名前だった。
彼女の携帯を見ると見事にロッキング!
暗証番号を・・・50回程試すが全然ダメ。
修君の誕生日を探す。
メールの中に奥さんからのメールと思われる「明日誕生日だね」というメールを発見。
早速彼女の携帯にアクセス。
試す事5回、見事ビンゴ!

まずは常套手段からいきますかね。
と思いついたが平和主義というか話せばわかる!と修君が言ってたというのが頭をよぎり本当に話せばわかるんだろうか?としばらく考えた。
でも、答えはNOだった。
今まで一番頭に来た事を限界点だとすればそれをとっくにオーバーしているのが今回の事態だった。

彼女の兄貴に電話してみた。
夜分遅くすみませんというと、奥さんは何かを察したらしく兄貴にすぐ変わってくれた。
兄貴はいい人で、俺を認めてくれて妹を頼むと頭下げてた人、奥さんとも仲良くて、子供の面倒を俺が見るので子供は「お兄ちゃん大好き!」と慕ってくれてたし、いい関係だった。
酒も過去三回一緒に飲みに行って、俺の会社に来ないか?と言ってくれた。
設計事務所を経営してるんですが、俺が妹の彼氏とかは別にしてもお前を買ってると言ってくれたのが、嬉しくて俺の兄貴的存在だった。

兄貴「おぃ!どした?」

俺「あっお兄さん、俺もうダメみたいです」

兄貴「どした、どこに居るんだ?」

俺「あの、あいつの事なんですけど・・・」

兄貴「なんかやらかしたのか?」

俺「えぇ・・・部屋行ったら違う男がいて・・・そ、そそれで」

もうそれ以上言えなかった。
涙がこぼれてしまった。

兄貴「ん?なんだそれ!あのやろう!」

大きく息を吸い気を取り直す。

「違う男とやってたんです、それもお兄さんには言い難い事なんですが・・・」

兄貴「おぅ!なんでも言え!全部はいちまえよ」

俺「その男と・・・その男に・・・その・・・出されてて・・・」

兄貴「ん?子供出来る様な事してたんだな?最後まで」

俺「はい・・・辛いっす兄さん」

兄貴「まじかよ!おぃ!おぃ!」

後ろで奥さんになにやら話してる。

兄貴「今から行くから!俺酒飲んじまってかみさんに運転させっからよ!」

俺「あぁ・・・お兄さん、いいですよ。気分が落ち着いてきましたから」

兄貴「いいや、よくねぇよ、いいか、じっとしてろよ!」

俺「お兄さん、今日は無理ですよ。もういいんです・・・」

兄貴「そこあいつの家の近くなんだろ?近くついたら電話するから出ろよ!」

俺「お兄さん、すみません・・・」

兄貴「子供はばぁちゃんが居るから心配するな!今行く!」

がっくり肩を落としてもうどうでも良かった。
抜け殻というか思い出さへ消えようとしていた。
修君の携帯から自宅と書かれた着歴を見る。
押すか押すまいか悩んだ。
やってたのは事実だが、俺がこの家族を壊す事は許されるのか?と自問自答した。
でも許容量オーバーの俺の頭はすぐさまOKサインを発したんだ。

プルルル、プルルル。
自宅の電話がなる。

「パパ?今日は遅くなるの?」

ナンバーディスプレイなのかすぐに受け答えしていた。
しばらく声にならなかった・・・。

「もしもし?もしもし?」

相手が不審がる前に話し始めないと・・・。

「あの・・・◯◯さんのお宅ですが?」

「はい?パパ?」

「修さんはいらっしゃいますか?」

「ダレですか?今日は出張に出ておりますが・・・」

「あぁ、そうですか」

「なんの御用ですか?これは主人の携帯ですけど!」

モロに疑う声。

「あのですね、修さんのお付き合いしてる女性の彼氏の◯◯と申します」

開き直ってた。
もう後戻りできないと確信した。

「えっ?なんなんですか?」

相手の女性は怒り気味だ。
無理も無い。

「ですから、修さんは僕の彼女と浮気してるんです!」

「はい?あの、なんなんですか?」

「今日出張というお話ですが、僕の彼女の家に居ます」

しばらく無言が続く、相手の女性も何も言えなくなってる。

「その家で、僕が返ると申し上げ難い事ですが、セックスしてたんです!」

「そ、そんな・・・」

「僕はその場面に出くわして、慌てて家を飛び出してきた彼氏の◯◯です」

「いきなり言われましても・・・」

「なら、修さんの携帯に電話してみて下さい、僕が出ますから」

「いえ、そんな事しなくてもディスプレイに主人の番号が出てますから!」

動揺と怒りが両方入り混じる声。

「今、◯◯県の◯◯市に居ます、修さんはこの裏の彼女のアパートに居ます」

「なにを仰ってるんですか?」

「僕は動揺してその場から立ち去る時に修さんと彼女の携帯を間違って持ってきてしまったんです、それでこうして奥様に電話してるんです」

「つまり◯◯さんが仰ってる意味は、うちの主人が◯◯さんの彼女と浮気していたという事を仰ってる訳ですか?」

「そういう事です」

「証拠はあるんですか?」

「今から来て頂ければお見せできますし、僕が奥様の所へお伺いしても構いません」

「・・・」

「怖いと思われる様でしたら、どなたかご同伴の方がいらしても構いません名刺もお渡ししますし、免許証もお見せします」

「わ、わかりました・・・弟と一緒にそちらに向いますので住所をお願いします」

敵意のこもった口調と、嘘だったらぶっころすぞこらぁ!という勢いの攻勢。
住所を告げると意外と近かった、車で20分も掛からない所だった。
スタバの屋外喫煙席を離れてアパートの前に居るとまだ自転車が動いた形跡は無い。
お兄さんがたまたまアパートに前を通りかかり声を掛けてきた。

お兄さんにも事情を説明すると笑いながら

「お前www突破力あんなぁwww」

ほどなくして奥様と奥様の弟さんが到着。
深々と俺は挨拶をすると、向こうは事実かどうか判りませんがもし事実だったとしたら責任を取りたいと一旦謝罪はお預けとなった。
お兄さんは「コーヒーでも買ってくるから待ってろよ」といい近くのコンビニに向かう。
その間、俺、奥様は自転車の前まで行く。
その間、奥様と携帯メールの送受信履歴をお互いで確認。

かなりのエロメール。

「中でだしたい!」とか「中にいっぱいだしてあげる」とか「ケーキ何がいい?身体に塗って舐めてあげる」とか「彼氏今日来るの?来ないならいくよ!」とか「今日は出張だからぼくちんはお泊りできます!」とか「この間のお風呂でのHは最高だね、もっと喘いでエロい女になろうね!」・・・orz

彼女側のは「私の奥でいってね(ハート)」とか「いっぱいしゃぶっちゃう」とか「今日彼来ないからいいよ!」とか「身体が熱いの」だとかきついのは「中で出されてる時のおちんちん最高だったよ、いっぱいびくびくしてね(ハート五個)」

これはきつかった・・・見なきゃ良かったとさえ思いましたよ。
奥様の横顔見たときに始めて「恐怖」という言葉の意味が判ったような気がする。

奥様の弟さん、お兄さんの奥さんはそれぞれ車の中で待機というか寝てる。
耳を当ててみる。
声はしないがなにやらごそごそと音がする。

「開けていただけますか?」

奥様の顔は般若のようだった。

「あの、奥さん。もし修さんが居なくて私が間違っていたとしたら本当に申し訳ないと思います。土下座でもなんでも慰謝料でもお支払いします」

「いいんです、もし本当なら私にも考えがあります。逆に本当じゃない方がお互い良いのかも知れませんね、男と女の揉め事はお金じゃ解決出来ないですから」

そこへ兄貴

「うへwwお前、すごいロックの仕方だな、あいつ出られないよこれwww」

奥様にキリっとにらみつけられ、怯む兄貴。

「俺邪魔だからコーヒーにんでるわ」と言うと兄貴は退散した。

「いいですか?外しますよ」

「はい」

ドアが開く。
居間の明りがぼんやりと灯ってる。
話し声がする。
冷たい風が流れ込む。
その風に気が付いたのか、会話が止む。
土足の奥様の後に続く俺。
居間の扉のノブに手が掛かる一気に引く奥様。

は・だ・か・で・シ・-・ツ・に・く・る・ま・る・馬・鹿・ふ・た・り

奥「あなた・・・」

俺「まだやってんのかよ!」

修「お前、なんでここに・・・」

彼女「・・・」

兄貴「おーい、入るぞぉ~」

ドタドタ。

兄貴「んっっ!てめー!ちょっとこい!」

彼女の髪の毛を掴むとズルズルとベッドからずり下ろすシーツがめくれてパンツとブラだけの彼女、トランクスの修君が見える。
キッチンの方へひきづっていかれる彼女。
そんで張り手、3発。
ベシ、ベシ、ベシ!唇からポタポタと・・・。

「あんだけ俺に好きだとかいっときながら、こりゃなんだ?え?」

「・・・」

「何とか言え!なんなんだこれは!」

「・・・」

「◯◯と一緒で幸せじゃなかったのか?くそ女!おぃ!」

「・・・」

「てめーは誰とでもいいのか?ゆるゆるなのか?」

「・・・」

思わずお兄さんのゆるゆるに吹きそうになった。

一方修君はそそくさと着替え初めてました。

修「誤解だよ、これは完全な誤解!」

奥「いいから、もういいの!」

俺「修さんさぁ、中だししといてそりゃないよね?」

奥「!!!!!あ、あなた!」

修「してない!してないよ彼女とは何もしてない!」

俺「いい加減にしろよクソ野郎!」

次の瞬間、気がついたらお兄さんに羽交い絞めにされてた。
どうやら10発近く殴って、そのうち何発かは不発で床叩いて両手から血が出てて、お兄さんに「おぃ!しっかりしろ!」という言葉で我にかえったんです。

落ち着いて考えると典型的な修羅場シーンなベタな感じに自分がおかしくて笑ってしまった。
彼女の顔は腫れてるし、修君も腫れてるし、奥様はしゃがんで泣いてるし兄貴は俺の隣で落ち着け落ち着けと呪文唱えてる。

押し問答はこれで終わり。
俺はお兄さんの車に乗り、お兄さんの家に泊めてもらうことに。
そうやら自殺しそうな顔だったらしい。
奥様は弟さんと帰宅。
お互いの携帯番号教えて、後日会いましょうという事で修君の携帯を渡して俺に謝罪して帰っていった。

当人二人は、アパートに置いてきぼり。
正直どうでもいい。
市ねとか本気で思ってた。
俺は携帯を彼女に投げつけて出て行った。

3日後に飛ぶんですがお兄さん家に二泊三日したあと自分の家に戻ると奥様から電話でお会いしてお話したいとの連絡をうけた。
ファミリーレストランでご馳走になりながらのお話。
彼女とは結婚してから出会い系で知り合い、家が近かった事もあって会うようになり、奥さんには内緒で出張と言っては彼女の家に泊まりこんでた。
一年位の付き合いで、彼女に彼氏(俺)が出来たことで出張回数が極端に少なくなったとの事。

彼女がピルを飲んでたのはその理由かと聞いたら、やはり修君はゴム嫌いが発覚した。
隠れて会うスリルにお互い高まりあって身体の関係へ。
奥さんは色々話してくれたが、俺にはあんまり堪えなかった。
もう終わりと心は割り切っていたからかもしれない。

奥様は修君に次の日に離婚届を突きつけ追い出したと言っていた。
追い出されて行くところは彼女の家しかないだろう。
奥さんは、ごめんねとしきりに謝っていたが、この家庭を壊したのも俺であり彼女であるわけだから、お互いテーブル越しに頭を下げた。

お兄さんから電話があって、彼女が会いたいという電話が来たと伝えてくれた。
俺はもういいです。
というとお兄さんは「妹とは終わっても、俺とお前は飲める仲だよな?」と言う。

「えぇ、そうです」と言うと

「なら、俺と一緒に働けよ、答えは後でいいから」

「えぇ、後で連絡します」と言って彼女の経緯を少し話して電話を切る。

彼女は俺が相手にしないという訳ではなく俺と付き合い始めて修君を辞め様と思って居たがどうしても切る事が出来なくてそのままずるずると・・・。

俺とのセックスが不満だったんじゃなく、奥様に相手にされて無い修君が可哀想だった。
俺にバレないで終わらせたかった。
中だしは修君が喜ぶからで、ゴムするよ!と言ってくれた俺には感謝してる。
それに俺とのセックスの方が何倍もいい。
もう慰めにもならない言い訳で、それも兄貴に言うとはこんな馬鹿女を好きになったのかと思うと自己嫌悪にすらなってゆく。

次の日の朝。
仕事に向かう途中にもう一度会って謝りたい!とメールが来たので「俺の性欲処理係ならいつでもいいよ」と返信した。
そしたら「修さんと二人で謝りに行く」と言うので呆れて口がぽかーんと・・・。

「二度と俺の前に姿を見せるな!ヤリマン女!」と返信。

次の日、会社の前に二人が来るまで待ってやがる。
修君が胸から封筒を取り出すと「迷惑かけました、謝罪するほかありません」といい俺に封筒を押し付けてきた。
案の定金だった。
その後メールで

「修さんと私で出し合いました。もう二度と会いません。兄とも縁をきりました」

これで解決??というか、俺ももう関わりたくないと思って居たししばらく塞ぎ込んでいたので仕事が溜まってたから仕事をがむしゃらにやってそんな馬鹿みたいな事件は忘れてしまおうと考えたんだ。

だけど、一月の下旬最終週に再び・・・おかしな着信があった。
見覚えの無い番号。
それも一日に何回も掛かってくる。
留守電になると切れる。
昼休みに思い切って184つけて電話してみた。
すると

「あ!◯◯君?私!」

彼女だった。

「あのさ、修さんとは別れたし、もう一度やり直さない?」

「はぁ?俺もう彼女居るし・・・」

嘘だが嫌悪感まるだしで応答した。

「彼女出来たんだ!すごいね。でも私のほうが絶対愛してるから」とかおかしな事を電話口で言い始めた。

「なに言ってんだお前?そもそも誰?」

「なに惚けてるの?やり直して温かい家庭つくろうよ!」

頭がおかしくなってるっぽい・・・。

「今、◯◯君の会社の前にいるんだ!一緒に帰ろう!」

「・・・」

無言で切って、すぐお兄さんに電話した。
するとお兄さんが来てくれて、会社の近くでウロチョロしてた彼女を捕獲。
そのまま連れ去り。
でまた説教。

次の日もまた次の日も会社の前に居て、31日には俺は会社の裏門からこっそり出ていった。
すると今度は俺の家の前に居る。
家に入れて、止めろ、入れて、入れない!で押し問答。
捨て台詞の様に「あたしの身体が目当てかよ!」と言いながら逃げるように出て行った。

二月からお兄さんに家から会社へ通ってる。
彼女はまさか俺がお兄さんの家に居るとは思わないだろうけど捨てアドみたいなメールで「あなたのちんちん入れて、こんなになってるの!」とか「やり直せるはず!だって私が愛してるから!」とか「修さんと渡したお金半分返して」とかめっちゃくちゃメールが来る。

お兄さんは妹とはもうこりごりと言う。
過去にもあったんですか?と聞くと。
そりゃもう・・・と口を噤んでしまった。
修君の奥様からは電話で離婚しましたと来た。
無一文で追い出されたらしい。
今日は仕事休みでネカフェでくつろぎタイム。
まだまだこれからが修羅場だと思うけど、今は寝かせてくれと思う。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×