寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
直接、妹との体験談ではありませんが・・・。

僕(20歳、大学生)には高校2年生の妹がいて、(家族が言うのも何なんですが)ロリ顔にD~Eカップ位の巨乳で結構可愛い方なせいか、家に連れてくる彼氏がコロコロ変わってました。

その日は、大学の部活の試合で朝6時~夜遅くに帰ってくる予定でしたが、相手チームの都合により午前中で終了に。

急に午後がオフになったものの、試合の疲れと朝早かったのとで物凄い眠気を感じていたので、仲間の誘いを断って家に直帰し、ベッドに入るや数分後には眠ってしまってました。


15時過ぎ頃・・・。

ふと目を覚ますと、隣の部屋?から男女の声がしており、その声は妹と新しい彼氏でした。
(僕と妹の部屋は、昔の共同子供部屋(10畳強)にやや丈の長いタンスなどを間に置いてセパレート状態にしてるだけなので、互いは見えないものの基本的に話し声は筒抜けです・・・)

そして、聞こえてきてるのは妹の喘ぎ声と男が攻めてる声・・・。

「アッ・・・気持ちいぃよ・・・」と控えめながらも、甘い声を出してるのを聞いて、「おいおい・・・エロい声出してんな・・・」と聞きたくないような、けど何か気になるような感じでした。

彼氏は「コレ気持ちいい?」とか「エロい声出すね・・・声聞いてるだけでイッちゃいそうだわ(笑)」などと、攻めてる間中何かしら話しており、「またアホな奴連れてきたな・・・」と思いながら、存在を気付かれないようベッドで静かにしてました。

その状態が数分続いた後、徐々に攻めが激しくなってきたのか、妹は「アッ・・・ヤバいよ・・・イッちゃいそう・・・」とよりエロい声を出し、それと同時に男の「イッちゃっていいよ」と言う声・・・。

そして、「イッちゃうよ・・・」という声が聞こえ、妹は果ててしまったようでした。

妹のイッた声を聞くことになるとは思ってもみませんでしたが、最初のモヤっと感は薄らぎ、ほんとエロい声出してたな・・・と少し興奮してしまってる自分がいました・・・。

次は攻守交替な訳で・・・。

積極的にも、妹は「全部脱いじゃってよ」と男に促しており、「小慣れてるな・・・」と思わざるを得ませんでした・・・。

そして、「もう勃ってるよ?(笑)」という声の後に、「お前の身体がエロいからだよ(笑)」と思わず妄想を誘う発言・・・。

確かに小柄だけど胸は大きいし、スタイルはなかなかのものだからな・・・とついつい想像してしまってました。

そして、「アー・・・やばい・・・それ気持ち良すぎ・・・」という声が出始め、ついに手・口での行為が開始された模様・・・。

音自体はあまり聞こえなかったものの、男は攻められてる時もやたら声を出し、「アー・・・すげぇ気持ちいいわ・・・」
「このままイキたくなってきちゃった・・・」と、口の中に出したい発言・・・。

「さすがにそれは止めて欲しい!」と思ってましたが、「いいよ、イッちゃって・・・」と可愛い彼女を演出・・・。

そして、「アッ・・・もうイクよ・・・イクッ・・・」という声と共に今度は男が果て、「最高に気持ち良かったわ・・・」との発言に、「テクニシャンですからね♪(笑)」とふざけて返してました・・・。

その後、「そろそろお母さんが帰ってくるから(家)出ないと」と妹が言うと、「もうそんな時間かー・・・出る前にもう1回テクニシャンの口でしてもらいらいなー(笑)」と冗談っぽい感じを装って本気の発言・・・。

出る前に他のを出す気ですか・・・。

と、僕が思ってたのも束の間、「そんなに気持ち良かった?」「あんまり時間ないから早くイッてね(笑)」といい彼女ぶりをしてました・・・。

そして、再び「アー・・・やっぱやばいわ・・・」という声が聞こえてくるようになり、「ずっとしててもらいたいわ・・・」とのアホ発言に、「1回3000円だよ♪」とアホの応酬・・・。

約10分後、男はあっさりイッてしまった様子で、「ほんとテクニシャンだな・・・今まででダントツに気持ちいいわ・・・」と不謹慎な発言・・・。

普通だったら怒るところだと思いますが、アホ妹は「ほんと?じゃー、今度またしてあげるね♪」と奉仕好きを思わせる発言・・・。

それから、10分経たない位でオカンから逃げるように出ていった2人を2階の窓から見てみると、いかにも遊んでそうなギャル男風の男と手を繋いで楽しそうにしてる妹がいました。

いつもはサバサバしてる妹がエロい声を出したり男に可愛く奉仕してることを知り、意外性を感じると同時に、自分の彼女よりエッチに積極的かつフェラが上手いだろうということに何とも言えない悔しさ・羨ましさを感じている変態チックな自分がいました・・・。

何はともあれ、避妊具はしっかりつけて欲しいものです。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×