寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
自分は高校の教諭。
女の子の方が伝統的に多い(偏差値は真ん中より少し下か)学校で、中には美人も、カワイイ子もたくさんいる。
英語を教え、運動部の顧問をしているがどちらかと言うと「コワイ先生」してる。
クビになるのだけは勘弁なので、生徒に手を出すつもりはない。

いや、もう年齢が離れてきてしまったので、実際、生徒に対して性欲はない「つもり」だったかな。
が、在校中から時々英語科の部屋に遊びに来ていた子達の中で、自分は教えた事もない子と何故か卒業後も食事に行ったり(グループで。自分が奢るw)していた。


彼女は福祉の専門学校を卒業、そして就職。
1年半が過ぎた。
とりたてて美人ではないけど色白でちょっとツンデレっぽい彼女は、いつでもカレがいたのだが、どうやら彼女的に真剣だった相手と別れてしまったらしく、かなり落ち込んだ感じのメールをくれた。

それまでは、自分が酔っぱらってて「二人で飲むか?」なんてメールを出しても軽くいなされてたのだが「二人で飲みに連れてって」と。
居酒屋のカウンター席で相手の様子を見、話を聞きながら飲んでいたが、少しアルコールが入って、手に触る、体に触る、髪に触る・・・と少しずつ進めていくと「もう酔っちゃった」と自分に体を預けてきた。

「休みたい?」

「うん」

「ホテルでいい?」

一瞬、躊躇があったような気もするけど、「ん」と頷く彼女。
店を出て涼しい風に当たると、自分の腕をギュッと掴んでくる。
あんまりそんな経験のない自分は、腰に腕をまわすのもドキドキ。
でも、思い切り抱き寄せた。

できるだけ清潔そうな、広い部屋をと思ったのだが、金曜の夜、そんなに都合良くラブホテルに空室なんてあるはずもなかった。
不潔ではなかったけど、小さな地下室みたいな部屋だった。

「わぁ、こんなんなんだ?」

興味津々という感じに辺りを見回す彼女。
えっ・・・処女なの?と一瞬心臓がときめく。
というかビビった。
危うく「はじめて?」と聞きそうになった。
ソファに座り、缶チューハイで乾杯をして、そして「来ちゃったね」とどちらからともなく言いキスをした。
彼女の舌がネットリ熱い。

「キス上手だな」と言ったら叩く真似。
一緒に風呂に入りたいと言ったがこれは拒否された(汗彼女が風呂から出てきて、次に自分。
慌てて歯を磨き、チンチンを洗う自分が可笑しい。
湯につかるのもそこそこに出ていって「もう?」と彼女にも笑われた。

「前の彼と同じなんだもん」だって。
彼女が処女じゃない事も分かって、少しホッとしたような残念なようなwまぁ、それで落ち着いた気分になっていい感じにマターリとチュウ。

いい感じに始まったエッチだったけど「教え子とセックスしている」という感じはずっと頭から離れない。
彼女の体が綺麗で、しぐさが可愛くて、声がエロくて、そしてびっくりするようなテクニックを持っていてこちらが翻弄されているのに、それでもやっぱり「教え子と・・・」という気持ちが抜けない。
いつも丁寧な言葉遣いだった彼女が恋人気取りの台詞を言っても、やっぱり制服姿の彼女を思い出してしまう。
思い切ってその事を言ってみた。

「教え子は教え子でしょ、卒業しても」

「そりゃそうだけど」

「でも卒業したら関係ないよ、カズヒコくん」

正常位で手を繋ぎ、指を絡めてた。

「今度、学校の制服持って来てあげようか?」

「着れるの?」

「ていうか前より痩せてるよ?」

「そうだよね、もっとムーミン体形かと思ってた。スタイル良くてびっくり」

「努力してるんだから。毎日、仕事でおじいちゃん達抱き起こしたりしてるしネ」

色白で肌理が細かくて吸い付きそうな感じ。
若いからもあるけど、抱いているだけで気持ちがいいなんて・・・。

「先生って甘えん坊なんだね」

返す言葉無し。

「ずっとお乳吸ってるんだもん。何も出ないのに」

「お前のオッパイ吸ってると思うだけでコーフンするんだよ」

「あはは・・・時々噛んじゃったでしょ~痛いんだからね、あんまり強いと」

「ゴメン・・・」

「でも、あとはすごく優しくしてくれて気持ちよかったデス」

面と向かってセックスを誉められるのは恥ずかしいもんだ。

「あと、『お前』ってやだな・・・せめて名前にして欲しい」

「次飲む時、2人?他のも誘った方が良い?」

「先生はどうなの?私と2人だけだとつまらなくない?」

「俺は2人が良いよ・・・。でもそう言う訳にもいかなくない?」

「んー、・・・私は先生が好きだな、って普段から言ってたし、みんな、先生は典子がお気に入りだもんねって言ってたし。私が先生と2人でデートするようになってもあの子達は別に平気と思う」

冷静に分析されていたと思うと怖くなるが、以来、夜勤のある彼女と、時間に融通の利く私は、1,2週に一度の割でデートを続けている。

やや仕事に疲れ気味の彼女は「結婚」という言葉を時折使うようになってきた。
歳の差が15もあり、私の方はその数字に圧倒されるが、彼女はもっと実質的である。
両親にも言ってあるのだという。
父母が13歳差であるとも言っていた。

さて、結婚に至るのやら・・・

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×