寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
中学3年ですが、この夏に初体験をしました。相手は4つ年上の従姉です。

従姉は僕の家に4月から下宿しているのですが、グラマーでとても可愛くすぐに女として意識してしまいました。従姉は家の中ではノーブラ・タンクトップ・ホットパンツ姿で過ごしているので、目のやり場に困ってしまいました。

また、風呂上りにはバスタオル1枚でうろうろしたり、涼んだりするので、目茶目茶興奮しました。

夏休みになると、実家に帰るのかと思ったら、僕の家の方が気楽でいいといって、僕の家にいてくれました。共働きの両親が夏休みにはいないので、二人きりで過ごすことになりました。

彼女は例の大胆な格好でいるので、英語を教えてもらっているときに興奮し、僕も短パン姿ですが、異常に勃起して窮屈そうにしていると、「けんちゃん、立っちゃったの?」と聞いてきました。

「うん。」とうなずくと、「Hしたことある?」ときくので、「ない。」言うと、「教えてあげる。」言ってくれたので、AからCまで一気に教えてもらいました。

その日のうちに両親が帰ってくるまでの間、ふたりとも全裸で過ごし、僕は10回くらい、彼女の中に入れたと思います。安全日とかで全部生でやらせてもらいました。

次の日からは彼女と毎日朝から両親が帰ってくるまでの間中セックスするようになりました。69とかクンニとか教えてもらいました。

彼女が借りてきたビデオを見ながらまねしてセックスしたこともあります。

夏休みの間は彼女とずっとセックスをしていたので、だいぶ彼女を喜ばすことができるようになりました。

彼女は「けんちゃんもだいぶ上手になったし、長持ちするようになったね」と、裸で抱き合ったまま僕にいいます。

彼女は田舎で彼氏と別れてからセックスをしていなかったようで、僕とのセックスも楽しみみたいで生理以外は決して拒むことはありませんでした。

新学期になっても、両親が帰ってくるまでの時間は彼女とセックスしています。

学校に行っても帰ったら、どんな体位でしようかとそんなことばかり考えています。彼女のあそこはとても気持ちよく、最低2回は発射します

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×