寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
彼と出会ったのは仕事関係のサークルで。

久しぶりにそこに顔出した私に、サークル部長が彼を教えてくれた。
私の方から近づいて自己紹介して・・・彼のほうは少しクールな感じだった。

でも何回かサークルで顔を合わせるようになってから、彼のほうも打ち解けてきて。
メールとかはするけど、二人でどこかで会うことは全然しなくて。

そんな中、私はKのことをどんどん好きになっていっていた。
まず彼の見た目好みのタイプで、話し方や雰囲気も嫌いじゃないなって・・・、何気なくしていたメールから・・・なんとなくエッチな話になったりしているうちにお互いに・・・したいという気持ちがあることを話して・・・「セフレでよければしようか?」SEX経験もなかった私は、正直いってセフレの言葉の意味も判らなかった。


友達に聞いたら驚いて説明された。
バカなこと考えるなって。

でも私は彼のことが好きだったから・・・初めてが彼なら後悔しない・・・って思ったし。
彼と駅前で待ち合わせ。
いきなりエッチする展開になるのはやだなぁと思ってたら向こうもそのつもりなかったみたいで、近くのゲーセン行ったりプラプラ。
手こそ繋いでないけどこうしていれば恋人同士に見られるよなぁ・・・。

遊びつかれてお腹がすいたので居酒屋に入った。
私はそのときには彼のことが好きなことを自覚していたので、ドキドキ。
彼は気遣ってくれたり優しかったり、少し意地悪だったり・・・飲んでいい気分になって、そのまま彼に着いていき・・・ラブホへ。

まともに入ったのは初めてなのでどうしていいか迷う・・・。
とりあえず彼の横に座り、上着を脱ぎ、ベッドの上をもこもこ。
すると後ろから頭をぽんっと撫でられ・・・そのまま二人で倒れる。

私のおっぱいを後ろからもみながら・・・「結構大きいね」と言いながら私を仰向けにすると顔をじっと見て。

手を触れ合わせる程度に繋いで、顔をじっと見上げると「ん?」と。

あとはもう、慣れている彼に任せようと言うきになった。
おっぱいを揉みながらもう片方にしゃぶりついてくる。
見上げる彼の目が鋭くていやらしくて・・・アソコをズボンの上から少し触った後に、私の手をぐいって引っ張り座らせると、服を脱がしてくれて。

途端に抱きついてきた。
足の間に体を入れると、私の足を開かせた。
すぐに触ったソコはすでにぬるぬる状態。

「なんでこんなに濡れてるの?なにもしてないよ?」意地悪くそういうと指入れて弄ってきた。

まだオナニーでもクリでイッてた私は、中よりクリのほうが気持ちよくて、それを白状させられたあとは・・・クリ攻め。
私はあえぎまくってて・・・何もできないし・・・。

その私を見ていて「ヤバイ、もう我慢できない」とKも全部脱いで私の所にあてがってきた。

・・・実はKに処女とは言ってなかった。
ただ一年以上してないから、とだけ言ってあったのでゆっくりしてくれて・・・。
一年前にメル友と一度しかけたけど、未遂に終わったことがある。
その時が初フェラだったんだけど・・・Kの方が明らかに大きいのはわかってて・・・気持ちよさというよりKとしてることが感動していた私。

もともと敏感なので声は出るし、止まらないし・・・違和感や異物感・・・でもクリを触られると今までにない快感が襲う。
喘ぐ私を見ては、Kは速くしてきた。
頭の中はもう何も考えられなくて・・・正直この先は覚えてなくて・・・。
二人でお風呂に入った。
彼が洗ってくれて。

ムードもなにもなく、さっきのこともなかったかのようにいつも通りに話す。
さっきの挿入のときにちょっと血も出てたらしい・・・お互いに友達だったから、改めて男女と言う意識をするのが恥ずかしいんだと思う。
私もKも。
それから彼とは何度かエッチしました。

・・・ということは彼も気持ちよく思ってくれてるのか・・・って思ったら、好きな人の役に立てるのは嬉しいなぁと単純に思ぅことにして。
何ヶ月かして、ぱったり彼と会わなくなって、その半年後に久しぶりに再会して、今現在・・・セフレより友情が高まっています。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×