寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
僕の妹は19歳の短大1年生で、身長146しかないロリ系。

高校の時はかなりモテてたようで、知ってるだけでも10人位はうちに来てたりしました。


そして、短大生になって3ヶ月位したある日、「今日彼氏連れてくるから!」とだけ言って家を出て行き、今度はどんな奴だ?と思っていると、連れてきた人は185位の大男で、どうみても自分(25歳)より年上のおじさん?といった風貌の男でした・・・。

僕は妹と二人きりになった瞬間に、「あの人、いくつだよ?」と聞くと、「38歳だよ」と言いました・・・。

38歳って・・・2倍じゃないですか・・・。

何で出会ったかはわかりませんが、傍から見ればどうみても援助交際風です・・・。

他人ならとやかく言いませんが、実の妹となるとこの人大丈夫か?と思わざるを得ず、2人が部屋に消えていくと、何とも言えない気持ちになりました・・・。

普段だったら気をきかせて敢えて1階のリビングでテレビを見たり、出かけたりするんですが、その日は何か気になりすぐ隣の自分の部屋で大人しく様子を伺ってました。

すると・・・。

予想通り、妹の「アン・・・アン・・・」言う声が・・・。

妹のエロい声を聞くのはコレが初めてという訳ではありませんが、38の大男にやられているかと思うと、何かもやもやしました・・・。

もちろん、そんなことは知るはずもない妹は「アッ・・・アッ・・・」とずっと声を出し続け、隣の部屋からはギシギシどころか、僕の部屋の壁にドンドンとベッドの端が当たる音がする位の激しさでした・・・。

そして、妹がイッたか彼氏がイッたのかすると、しばらくその音は途切れ、しばらくするとまたギシギシ・・・。

コレが3~4回続き、僕が堪らず1階に下りてテレビを見てると、しばらくして2人は何もしてなかったのような涼しげな顔で登場しました。

彼氏は「お邪魔しましたm(__)m」ととても丁寧な挨拶を僕にし、その丁寧さに意表をつかれた僕は「あっ、いえいえ!また来て下さい!!」と思わず普通の返事をしてしまいました。

2人が部屋にいた約3時間で恐らく4回以上はエッチをしていたと思うともやもやが収まらない今日この頃です・・・。

また近々来ると思うんですけど、どうなんですかね・・・。

丁寧な人だったから「止めろ!」とは言うつもりないですけど、おそらく38歳の彼氏からすれば、(3時間ずっとエッチをしてたことも考えると)一時的な彼女かとも思えるんですが・・・。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×