寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
私は某中学校に通う中学生(女)です。
昔から男子と仲が良く一緒に帰ったりもしていました。
しかし中学生になると、そんなことは一切なくなりました。
が、私は別に平気だったので普通に過ごしていました。

ある日教室に残っていると、隣の席のM君が入ってきました。
すぐ帰るだろうと思いました。
Mくんの友達はろうかで待っていました。


私「忘れ物?」

M「うん、ちょっとね・・」

緊張なんてもちろんありませんでした。
むしろ私はMくんを嫌っていました。
すると廊下で待っていたM君の友達は教室に入ってきて「こいつ?」と話し初め、私は「なに?」と即聞き返しました。
すると友達2人は急いでドアを閉め、私の方へ向かってきました。

私「何か用??」とちょっと震えながらきくと友達2人は私をすぐさま壁に押しつけました。

私「へ??は??」と訳も分からず自由を奪われていました。

するとリーダー格なのか、M君は「ずっと抑えてろよ」と仲間に忠告し私の制服のボタンを次々にはがし始めました。
私は当然抵抗しましたが、男子2人の力にはさすがにかないません。
私は叫びましたが、誰もいなくて無駄でした・・。

M君が私の胸へ顔を押しつけ舐めていて、右手で太ももを撫でてきました。
私は恐くて叫び、泣いていましたがほとんど無抵抗の状態です。
どうしようも無い状況でした。
どんどん状況は悪化し、M君の行動は段々過激になってきました。
体中触るし、肌着の中へも手を入れようとしました。
それだけは免れたいと思い足を思いっきり閉じて「やめて!」

叫びましたが、逆にM君を興奮させたみたいです。

M「知ってる?そうやって抵抗すればするほど、興奮してくるんだよ」と不気味な微笑みと同時に、言いました。

すると天の助けでしょうか、私の友達のこえが聞こえてくるんです。
M君はさすがにヤバイと思ったのか、私の身体から離れました。
その時に逃げようとしたら、M君の友達2人はがっちり私の手首を抑えていました。
M君は状況を確認するため友達2人に逃がすなよと念をおし、廊下へ行きました。

しかしすぐ戻ってきて「大丈夫。続けようぜ」と私の期待を裏切る言葉を言いました。
私は諦めと同時に、4組であったことも後悔しました。

4組は2階の一番奥にあり、ほとんど見付からない所でした。
私の友達は1組で4組になんて来るはずがありません。
M君は笑いを浮かべまた抱きついて来ました。
もう気持ち悪くて言いようがありません。

体中さわられ、髪を舐められ、一番嫌だった肌着の中まで手を入れられ私は「やめて!いや!」と抵抗し、更に興奮を立ててしまいました。

そのあとも延々とされ、M君の友達にも代わる代わる触られました。
やはり中学生なのか、初体験はしませんでしたが、1時間以上は体中触られ、時には3人いっぺんに抱かれ、触られ続け終わった頃には私は枯れるほど涙を流していました。
昔、同じ様なことがあったのでそれもたびたび思い出し背筋が凍るおもいです。
もう男子は信じられません・・・。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×