寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
私は22歳の女子学生です。

いつもみなさんの告白をこんなこともあるのかとまるで他人ごとのように読ませていただきました。
しかし、まさかあのようなできごとがまさか自分の身に起ころうとは夢にも考えておりませんでした。

それはつい先日のことです。


普段、便秘がちな私がその日の朝から、お腹の調子が悪く、下痢をくり返していました。
翌日に水泳の大会が控えていた私は、早くなおさなさなければとの思いから近所の個人病院に行ったのです。
病院の待ち合い室には私以外におじさんが一人順番を待っているだけでこれで経営が成り立つのか、こちらが心配するような雰囲気でした。

診察室に入ると、20代と思われる若い男性のお医者さんに色々と質問されました。
下痢の回数は?便に血が混ざってないか?等そして次にそのお医者さんから出た言葉は信じられないものでした。

「では、直腸診と肛門鏡の検査をしますからズボンとパンツを脱いでベッドに横になってください」

私は、整腸剤でも出されて、診察はないだろうと信じていたので躊躇しました。
しかし、隣の看護婦に急かされ、拒否する時間をあたえられなかったのです。

その結果、私は、ジーンズとパンツを脱ぐことになったのです。
先生はカルテを書いているようでしたが、ときおりチラチラこちらを見ているのがわかりました。
顔を真っ赤にしながらガタガタとふるえる手でようやくパンツを脱ぎ去ると私はTシャツ一枚で他には何も身につけていない格好となしました。

「では、ベッドに横向きになって寝て、膝をかかえこんでおしりをつきだすようにしてください」とまた看護婦さんに急かされベッドに横にされました。

このポーズだと、私の下半身は丸見えで先生には肛門や陰部もみられてしまうんだと思うと、顔から火のでるような羞恥を感じ、どうしても身体が縮こまってしまいましたが、すぐにまたあの看護婦が「もっとおしりを突き出さなきゃ診察出来ないでしょ」とおしりをむきだしにされてしまいました。

肛門を診察されるかとおもうと、うんちが周辺についていないだろうか、先生に臭わないだろうか、今朝、お風呂にはいったから大丈夫なはずと色んなことが頭の中をよぎります。

「では、力をぬいて」といって先生、片手でおしりのわれめをさらに開き肛門鏡を私の肛門にあてがいました。

ひんやりとした冷たい金属の感触を感じたつぎの瞬間、肛門がはりさけるような痛みを感じました。
私は思わず「ウッ」と声をあげてしまい,1回では入らず先生に「もっと力を抜いて」と怒られてしまいました。
看護婦さんが肛門のまわりにゼリーをたくさん塗ってくれ、ようやく肛門鏡の先端が入りました。

先端がはいると、さきほど苦しかったのはうそのようにスルスルと肛門鏡が私のおしりのなかに入っていきました。
しばらく先生は肛門鏡を弄られていましたが「よし、何もなし」といって抜き出されました。
肛門鏡はベッドサイドに置かれ、先端に黄色い便が付着しているのが見え,臭気も漂ってきました。

わたしは泣きそうになりましたが先生はかまわず私のおしりの穴に指をいれてきました。
たぶん先生は人さし指で診察されていたのだと思います。
先生は指がわたしのお尻の穴に入るだけ深く指をうずめると、ちょうどクリトリスとは反対側の背中側の直腸壁を指で探り「ここは痛くないですか?」と聞いてきました。

私はあたまの中が真っ白になりながらも先生に聞かれるたびになんとか「大丈夫です」とこたえていました。
どうやら直腸診には手順があるらしく、クリトリス側、左足側、右足側、背中側と12時、3時、6時、9時と方向があるようなのです。
360度くまなく診察するためだと思うのですが、私は生まれてからこれほどの羞恥を感じたこはないというような姿勢をとらされたのです。

「次は正面」と先生が看護婦に目配せすると、私は看護婦さんの手によって横向きから仰向けに寝かされました。
看護婦は私の両膝を胸に押し付けるような形で保持し、しかも膝と膝との間を開くような形でベッドに押し付けられました。

私はこのときなぜ下半身にタオルのひとつもかけてくれないのか同じ女性としてこの看護婦にとても嫌悪感を覚えました。
しかも、私は水泳部で活動しており、明日は全国的な競技会ということもあり、今朝、念入りにアンダーヘアの処理をしてきたばかりでほとんど無毛の私のあそこは小陰唇からクリトリスにいたるまではっきりと、すべて先生のもとにさらしだす格好になってしまったのです。

先生は先程と同じように、背中側、右足側、クリトリス側と私のおしりの中をさぐり「ここは痛くないですか」と聞いてきます。
私にはもう声を出す余裕もなく、ただただ頷いているだけでした。
先生は人さし指の第1関節のところまで指を引き抜き、再び各方向に指を動かしはじめました。

六時方向に向かってグイッと先生が指先を下に押し付けた時、肛門と一緒に小陰唇もひっぱられ今まで両唇がくっついていたものがはらりと開いたのがわかりました。

さらに途中から気がついていたのですが、わたしは濡れていました。
小陰唇が開くと同時に今まで腟の中にたまっていた愛液が溢れだしたのがはっきりとわかりました。
たぶん先生の指にもかかったことでしょう。

看護婦は私の異変に気付くと、さらに両膝を開き気味に押し付けるようにしてきました。
その後も10分間ほど、私は腟口までも二人の人間にさらされたまま延々と肛門に指を出し入れされたのでした。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×