寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
父が57歳で脳出血で亡くなって2年目、母は55歳。
長男夫婦と実家で同居している。
僕は次男、隣の県に一人で住んでいる。


今年の5月の連休に兄の家族は嫁の田舎に旅行に出かけた。
僕は連休も仕事だった。
配達の帰りに実家に寄ることにした。
母が一人で寂しいと思ったからだ。

実家に寄ると見慣れないバイクが停まっている。
お客さんなら帰るまで裏庭でタバコでも吹かそうと思い、実家の裏に回った。
しばらくしてのどが渇いたので、台所の勝手口から入ろうと思い、そっとドアを開けた。

かすかに人の声が聞こえた。

よく聞くとそう思ったのは、母のあえぎ声だった。
一旦外に出て、母の部屋を窓ガラス越しに覗いてみた。
母が上になり、誰かが下から母のたわわな乳房を吸っていた。
見るに耐えられなくなり、表に回った。

車を離れた場所に移動して待っていた。
相手が誰か確認したかったからだ。
日が落ち始め、辺りは暗くなってしまった。

ここからは顔が確認できない。
そう思ったときに、実家の玄関の外灯が点灯した。

今だと思い、車を実家に滑らせた。
母と一緒に男性が出てきた。

母は僕に近づき、「どうしたの」と聞いた。

「配達で近くに寄った」と言った時に、玄関に立っていた男性が声をかけた。

「武じゃないね」

どこかで聞き覚えのある声だった。

顔を見て一瞬顔が引きつってしまった。
幼馴染の同級生だった。

彼は父親のあとを継ぎ農業をしていた。
1キロほど離れたところに実家があった。

母は、気まずそうに「彼が野菜を届けてくれたの」と言っていた。

彼が帰り、僕は居心地が悪いので、ノドの渇きを癒して帰ろうと思い、家に入った。
母は冷蔵庫に飲み物があるからと言ってトイレに入っていった。
身支度を整えているのだと思った。

飲み終わると「時間がないから」と言って、僕は急いで実家を後にした。

それ以来、母の姿が目に焼きついて、オナニーの回数が増えた。
同級生の彼とどういう経緯があったのか想像できないけど、彼を羨ましく思う今日この頃です。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×