寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
私はモデルのバイトをやっています。
以前水着モデルのオーディションに行ったときの出来事です。

モデル業の時は事務所があるので、オーディションは事務所経由で強制参加になります。
オーディション自体は月に何度かあるのですが、気合が入ったオーディションは年に数回です。

気合の入ったオーディションというのは、俗に言う「おいしい」お仕事です。

内容が長期にわたるモデルや憧れのブランドモデル、単価の高いお仕事などです。
そういうオーディションにはホントにたくさんの人たちが来ます。

私は、悲しいですけど、なかなか最終審査まで残ることがありません。

でも、この間、初めて最終審査まで勝ち残りました。
最終審査には同じ事務所の先輩が一人と、後は知らない人たちが20人近くいました。
最終審査の内容は、審査員の前に20人が横に並んで、みんなの前に出て自己紹介をするというものでした。
水着審査なのでみんな水着です。
最終審査に残った人たちはさすがにレベルが高く、うやらましいくらい綺麗な女の人が多いです。
綺麗な人に囲まれて少し自信がなくなりましたが、体のサイズ、とくに胸は誰にも負けないくらい私が一番大きかったと思います。


最終審査が始まりました。
私は18番でした。
17番に先輩がいました。
先輩に続いて審査室に向かいました。
審査室に入ると、審査員が10人くらい、熱いまなざしでこちらを見ています。
その後には30人くらいの関係者がいます。

そしてその横にはビデオを撮っている人もいます。
わたしたちは20人くらい一列に並んで、椅子に腰掛けました。
そして一番の人が呼ばれ、その人が前に出ました。
一通り自己紹介をして、質問があって、アピールタイムになりました。

彼女は「私の自慢はこの胸です。大きくはないですが、綺麗な形を保っていて、とても柔らかいみたいです。ちょっと失礼します」とブラを脱ぎ始めました。

エー!と私はびっくりしましたが、みんな黙ったままです。
1番の子がブラを脱いでポーズをとりました。

「そして、形だけではなく柔らかさもぴか一です」と言い、審査員の前に行き、「さわってみてくださいね」と言い、審査員に胸を触らせています。

すごい大胆です。
信じられないくらい。
そこまでやるか~って思いでしたが、みんなふつうの顔をしています。
今回の仕事を取るためにはこんなことくらい簡単だとも思っているようでした。

2番の目の子の番になりました。
彼女も自己紹介と質問が終わり、アピールタイムになりました。

彼女は「私は昔からバレーをやっていて、とても体が柔らかいのでそれをアピールします。ちょっと失礼します」と言い、水着のパンツを脱ぎ始めました。

審査員の方にお尻を向けて、パンツを脱ぎました。
そして今度は横を向いて、足を上に上げました。
足が顔の真横にくるまで高く上げました。
その体勢だと、お股が審査員に丸見えになっているはずです。

とても大胆です。
ビデオカメラも回っているのに・・・。
みんな平然としています・・・。
審査員には手ごたえがあったようです。
3番目の子の番になりました。

アピールタイムでは「私はダンスが得意なので、レゲーダンスを披露します」といい、ダンスを始めました。

エロティックなダンスをしながら、いつの間にかブラを脱いで、胸丸出しで躍っていました。
そのうちパンツも脱いで、素っ裸で踊っていました。
みんな色々考えるなーとのんきに考えていましたが、そのとき、はっと自分のことを考えました。
これでは裸にならないと絶対受からない・・・と心の中で思い始めました。
でも、何十人もの人の前で、しかもビデオも回っているところで、裸になるなんて・・・。
頭が混乱してきたので、先輩にこそっと相談してみました。

「これって、脱がなきゃいけないんですか?」

先輩は、「あなたしらないの?脱がなきゃ受からないわよ」

「先輩も脱ぐんですか?」

「当たり前じゃない」

と、平気な顔をしてい言いました。
私はどうしても踏ん切りがつきませんでした。
やっぱ、ヌードになってまで、この仕事が欲しいかと言われると、どうしても頷けませんでした。
やっぱり、脱がずに終わろう。
受からなかったらそれは仕方ない。
そう考えて自分の番を待ちました。
先輩の番が来ました。

先輩のアピールタイムは「私は色白です。水着の着ている時はふうつに見えるかもしれませんが、これでも少し焼けています」といい、ブラを脱ぎました。

そして真っ白な胸を出し、こちらが焼けていない色です。
見比べてください」と言いました。
さらに、今度はパンツも脱ぎ、お尻と背中の色の違いを強調していました。
仲の良い先輩が、こんなことまでするので、すごく圧倒されてしまいました。

いよいよ私の番になりました。
一気に緊張してきました。
私はアピールタイムは、自分の舌が長いことをアピールしようと思っていました。
簡単に自己紹介し、いくつかの質問に答え、アピールタイムになりました。

「私は舌がとても長いのです。舌を使って色々やります」と言い、舌芸を見せました。

舌を丸めたり、舌でたらこ唇の真似をしたり・・・、ですが反応がいまいちでした。
というより、かなりお寒い雰囲気でした。
なんだか雰囲気的に脱がなくてはならない状況でした。
この状況のままココを去るには度胸がいります。

もう焦った私は意を決して、「この舌で乳首を舐めます」と言いました。

彼氏以外の男の人に見せるつもりはなかったのですが、こんな秘儀をココで披露することになるとは・・・。
私は恥ずかしさを押さえて、ブラを脱ぎました。

審査員達の目が輝きました。
私の胸は結構大きいので見ごたえがあるのでしょう。
彼氏にしか見せたことのないおっぱいと乳首舐めの秘儀を審査員の前で披露しました。
とても恥ずかしかったのですが、なんとなく審査員達の食いつきが良かったので、もしかしたら勝てるかもと思い始めました。
後一歩やれば・・・、もう後戻りできない・・・、ここまでやったんだから・・・。
そう考えた私は次の秘儀をその場で考え出しました。

「今度は、この舌で股の間を舐めることができるかどうか試します」

審査員達の反応がありました。

「しめた」と思った私は、早速パンツを脱ぎました。

一応手入れはしていましたが、とうとうすっぽんポンになってしまいました。
恥ずかしさをこらえて、椅子の上に座り、股を開きました。
しばらく股を広げたまま、あそこをじっくりと見せた後、身体を曲げて舌をだして、股を舐めるようにチャレンジしました。
残念ながら、おまんこには届きませんでした。

適当なところで、「やっぱり無理でした」と言い、切り上げました。

何人かの審査員が笑ってくれました。

アピールタイムが終わって席に戻ると先輩が、「あんたすごいね」と言ってくれました。

今になって思うととても恥ずかしいです。
結局、オーディションには落ちてしまいましたが、もうあんな高レベルのオーディションはこりごりです。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×