寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

寝てる先輩のパンツの脇から挿入

カテゴリ:
画像はイメージです
以前つきあってた女子大生とした3P。

はじめは嫌がってたんだけど、カップル喫茶あたりから徐々に慣れさせはじめ、掲示板募集で単独さんを呼んだ。

最初は飲み屋の個室で待ち合わせ、異様に緊張しながらもお酒が入って徐々にリラックス。

打ち解けたところで予約したホテルへ。

ここから先は事前の打ち合わせ通り、単独さんと彼女がヤルのをオレが見てるっいうシナリオで、店からホテルへの移動も単独さんと彼女が仲良く並んで歩き、オレが後ろからついて行く。

部屋に入って、オレは存在はするんだけど二人からはあえて無視してもらって早速プレイ開始。

カノジョと単独さんがキスをし始める。すっげえ興奮する。

単独さんが彼女の服を脱がせる。

彼女は黒のキャミソールと黒のレースのパンティ&ブラ。

いいぞ。

今度は彼女が単独さんの服を脱がせる。

アソコは既に大きくなっている。

オレよりデカイw彼女がそれをしゃぶり始める どんどん興奮するホテルの窓際で、ついにバックから挿入 ナマ!興奮は極地に。

それからソファに移動したりベッドに移動しながら様々な体位でセックス彼女は、オレとの時はそんなにイカないのに、単独さんとは何回もイッている。

オレもついに我慢できなくなり参加。

彼女は単独さんに後ろからガンガン突かれながら、前の口でオレのをしゃぶる。

AVで観たやつやその後はダブルフェラとか。

椅子に座らされて単独さんが前から突いて

オレが横からくわえさせたり、最後の方はともかく正常位で代わる代わるやり続けたそもそもオレがこの性癖に目覚めたのは、10年以上前。

当時地方に転勤していて、こっちに戻ってくる間際に現地で彼女が出来た。

これまたスタイル抜群エッチはエロエロの可愛い子だったんだけど、もどってしばらくは一応遠恋が続いてた。

数か月ぶりにその子を訪ね、即ホテルに行ってエッチを始めながら、「寂しかったね、会いたかったよ、浮気してなかった?」

と質問したら、彼女何と黙ってしまった。

え、まさかと思いながらしつこく細かく質問責めすると、店のお客さん(彼女はショップ店員)からしつこく迫られていて、誘われてついに許してしまったとのこと。

「いつ?」って聞いたら「きのう」だと。

その時オレは、怒るよりも激しく興奮してしまった。

どんなことしたのか、どこでやったのか、なんかいしたのかとか細かく聞きながらコーフンしまくって朝まで犯し続けた。

これがオレのデビュー。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×